佐渡始顕本尊一考 2・3

2 佐渡始顕本尊の相貌は佐渡期には非ずか

偽作説の一つに「佐渡始顕本尊は文永1078日とされている。日蓮の曼荼羅図顕は文永8109日が初見であり『未だ二年を経過せず』である。この時期の他の真蹟曼荼羅を見れば相貌中の在配は少なく、十界互具として整足されるのは身延入山以降となる。しかるに文永107月の段階で、翌年の文永116月のNO11曼荼羅の如き相貌座配は不審である。佐渡期においては、通称『佐渡百幅の御本尊』と呼ばれる、首題・自署花押・二仏・二明王のみで本化の四大士が出現されるものすら少ない。始顕本尊の相貌を一見しただけでも、佐渡期には非ずなのである」というものがある。

 

そこで、「御本尊集」NO1から、曼荼羅の相貌を順に確認すると、

 

NO1 文永8109の通称「楊子御本尊」

首題 自署花押 不動明王 愛染明王

 

NO2 文永9616日の曼荼羅

於佐渡国 図之 文永九年太才壬申 六月十六日

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO31 「佐渡百幅本尊」の一つとされる曼荼羅

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO32 所蔵が佐渡妙宣寺であること、相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO33 相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO4 相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO5 相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅、

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO6 相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅、

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO7 相貌座配からこの頃の図顕と考えられる曼荼羅、

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 不動明王 愛染明王

 

NO8 顕示年月日不明の曼荼羅

・座配が増えたものの「御本尊集」の「備考」では、「当御本尊は、一応、第八に順列したが、御図顕の年代よりすれば、更に遡るべきものと考える。」とされる通称「一念三千御本尊」

・讃文

当知身土一念三千故 成道時 称此本理一身一念遍於法界

・相貌

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 南無普賢文殊師利菩薩 南無智積菩薩

不動明王 愛染明王 南無鬼子母神 南無十羅刹女

 

NO9 顕示年月日不明の曼荼羅

・「御本尊集」の「備考」では「寺伝に依れば、千日尼に授与したまうところで、女人成仏御本尊の称号も之に由来する」とされる通称「女人成仏御本尊」

首題 自署花押 南無釈迦牟尼仏 南無多宝如来 南無十方分身諸仏 南無尽十方諸仏

南無上行無辺行菩薩 南無浄行安立行菩薩 南無文殊普賢 南無智積菩薩 薬王菩薩

南無舎利弗迦葉迦旃延目連須菩提 不動明王 愛染明王 南無大梵天王 南無釈提桓因

南無十羅刹

 

NO10 顕示年月日不明の曼荼羅

・「御本尊集」の「備考」では「伝承に依れば、当御本尊は、文永十一年三月十五日、佐渡真浦より越後柏崎に渡られる船中に於て、楊子を以て認めたまうところと云う」とされる通称「楊子御本尊」「船中御本尊」

首題 自署花押 四天大王 日月衆星

 

以上であり、顕示年月日は明らかではないものの、佐渡で顕わされたであろう「NO9通称・女人成仏御本尊」に四菩薩が配され、「観心本尊抄」の文中に示されるような虚空会の儀式を相貌とされていくのは、身延入山以降、文永116月「NO11沙門天目 受与也」(この授与書きは他筆とされる)の曼荼羅からであり、「観心本尊抄」より1年以上経過している。更には建治期より弘安期にかけては、定形化していくこととなる。

 

しかしながら、これは「現存真蹟曼荼羅」から言えることであり、むしろ「観心本尊抄」の記述からするならば、始顕本尊の相貌座配は当然と考えられる。「佐渡始顕本尊」が文永107月の段階で存在することも、前後の諸状況からして道理であり、必然であろうと私は考えている。

まずは後者(佐渡始顕本尊の存在は必然)について考えてゆこう。

 

3 文永9年から10年の日蓮

「観心本尊抄」著述の一年前、文永9410日に日蓮が佐渡において富木常忍に報じた「富木殿御返事」(P619 真蹟)では、「日蓮が臨終一分も疑ひ無し。頭を刎()ねらるゝの時は殊に喜悦有るべく候。大賊に値ふて大毒を宝珠に易()ふと思ふべきか」と、自身の存在がなくなる「死」というものを強烈に意識している心情が綴られる。

 

「命根いつ絶たれるとも知れず」の境地の故にであろうか、日蓮は「而るに去ぬる文永八年九月十二日の夜、たつの口にて頸をはねられんとせし時よりのち、ふびん(不憫)なり。我につきたりし者どもに、まことの事をい()わざりけるとをも()て、さどの国より弟子どもに内々申す法門あり」(P1447 三沢抄 建治4223日 日興本)と、付き従ってきた弟子檀越達に「まことの事」を言わないまま死罪となってしまったら不憫であると思い、「内々申す法門」即ち「開目抄」「観心本尊抄」の重書を著述。それを門下に送り託している。

 

両抄に示されたものは「法門の事はさど(佐渡)の国へながされ候ひし已前の法門は、たゞ仏の爾前の経とをぼしめせ」(P1446 三沢抄)と言われたところの「佐渡以後」の教示、正に「まことの事」であり、「此は仏より後、迦葉・阿難・竜樹・天親・天台・妙楽・伝教・義真等の大論師・大人師は知りてしかも御心の中に秘せさせ給ひて、口より外には出だし給はず。其の故は仏制して云はく、我が滅後末法に入らずば此の大法いうべからずとありしゆへなり」(P1447 三沢抄)と、末法の時を待ってはじめて明かされる「秘法」であった。

 

そして「日蓮は其の御使ひにはあらざれども其の時刻にあたる上、存外に此の法門をさとりぬれば、聖人の出でさせ給ふまでま()づ序分にあらあら申すなり」()と日蓮こそが「秘法」を世に明らかにして「教え示す導師」であり、「而るに此の法門出現せば、正法像法に論師人師の申せし法門は皆日出でて後の星の光、巧匠(たくみ)の後に拙(つたな)きを知るなるべし。此の時には正像の寺堂の仏像・僧等の霊験は皆きへうせて、但(ただ)此の大法のみ一閻浮提に流布すべしとみへて候」()と「出現」明示された「秘法」=「大法」は「一閻浮提に流布」していくものであるとしている。

 

このように、死を覚悟した日蓮は既に佐渡期において、法華経の行者としての自覚に立って(それは釈迦より神力品別附属を受けた上行菩薩としての秘めたる自覚でもあろうが)「末法に明かすべき秘法を時至って説き示している」ということを、今一度認識すべきではないだろうか。

 

前のページ                                  次のページ