佐渡始顕本尊一考 9

9 佐渡始顕本尊の讃文

(1) 他の曼荼羅讃文との比較

始顕本尊の讃文

此法花経大曼陀羅 仏滅後二千二百二十余年一閻浮提之内未曾有之 日蓮始図之

如来現在猶多怨嫉況滅度後法花経弘通之故有留難事仏語不虚也

 

讃文は仏滅後、二千二百二十余年を経過した今、一閻浮提の内に未だ出現したことのない未曽有の法華経の大曼荼羅を、日蓮が始めて図顕したこと。故に法華経法師品に予言された「如来の現在、釈尊在世ですら此の経を弘める者に対しては、猶怨嫉が多いのである。ましてや如来滅後においては尚更である」との大難を蒙っていることなどを記している。

ここで注目したいのは、特に前半部の讃文が特異であり、文永1078日の時点で日蓮がこのような讃文を書くのであろうか、ということである。

 

文永810月以降の曼荼羅脇書、讃文などを列挙すれば、

 

文永8109日 NO1

通称・楊子御本尊

文永八年太才辛未 十月九日 相州本間依智郷 書之

 

文永9616日  NO2

於佐渡国 図之 文永九年太才壬申 六月十六日

 

系年不明 NO31

「佐渡百幅の御本尊」と通称される

讃文なし

 

系年不明NO32 

讃文なし

 

系年不明NO33 

讃文なし

 

系年不明NO4

讃文なし

 

系年不明NO5

讃文なし

 

系年不明NO6

讃文なし

 

系年不明NO7

讃文なし

 

系年不明NO8

通称・一念三千御本尊

当知身土一念三千故 成道時 称此本理一身一念遍於法界

 

系年不明NO9

通称・女人成仏御本尊

 

系年不明NO10

通称・楊子御本尊、船中御本尊

 

文永116NO11

我所説経典 無量千万億 已説今説当説 而於其中 此法花経 最為難信 難解
已今当妙 於茲固迷 舌爛不正 猶為花報 謗法之罪 苦流長劫
今此三界皆是我有 其中衆生悉是吾子 而今此処多諸患難 唯我一人 能為救護
而此経者 如来現在 猶多怨嫉 況滅度後
一切世間 多怨難信 前所未説 而今説之

 

系年不明NO12

讃文なし

 

文永11725NO13

大覚世尊入滅後二千二百二十余年之間 雖有経文一閻浮提之内未有大曼陀羅也 得意之人察之

 

ここでは、

大覚世尊が入滅された後、二千二百二十余年の間、今に至るまで教相上法華経の経文(観心本尊抄で「是くの如き本尊は在世五十余年に之無し、八年の間但八品に限る」と示された法華経従地涌出品第十五から嘱累品第二十二の八品)には有るが一閻浮提の内に未だ出現しなかった未曽有の大曼荼羅が、今始めて出現するのであり、この深き意義を得意せよ、

と記されている。現存真蹟曼荼羅では、初めての長文の讃文となる。

 

文永1111NO14

讃文なし

 

文永1111NO15

讃文なし

 

文永1111

「日亨本尊鑑」(P8) 第4 同日三幅 底本(3)

模写本尊

讃文なし

 

文永1111

「日亨本尊鑑」(P10) 第5 同日三幅 底本(4)

「日蓮聖人真蹟の世界・上」(P82)

模写本尊

讃文なし

 

文永1111

「日亨本尊鑑」(P12)  第6 同日三幅 底本(2)

「日蓮聖人真蹟の世界・上」(P82)

模写本尊

讃文なし

 

文永1112

通称・万年救護御本尊 NO16

大覚世尊御入滅後 経歴二千二百二十余年 雖月漢 日三ヶ国之 間未有此 大本尊 或知不弘之 或不知之 我慈父 以仏智 隠留之 為末代残之 後五百歳之時 上行菩薩出現於世 始弘宣之

 

ここでは、

大覚世尊(釈迦)が入滅された後、二千二百二十余年が経歴するが、月漢日(インド、中国、日本)の三カ国に於いて未だなかった大本尊である。

日蓮以前、月漢日の諸師は、或いはこの大本尊のことを知っていたが弘めず、或いはこれを知らなかった。

我が慈父=釈迦は仏智を以て大本尊を隠し留め(釈迦より上行菩薩に譲られて)、末法の為にこれを残されたからである。

後五百歳の末法の時、上行菩薩が世に出現して初めてこの大本尊を弘宣するのである。

との旨が示されている。

 

日蓮は自身図顕の曼荼羅に「上行菩薩出現於世始弘宣之」と認めているのだが、これは「観心本尊抄」における「此の時地涌千界出現して」の上首・上行菩薩とは、自身に当たることを暗に宣したものであろうか。更に曼荼羅とは本尊であることを明示していることは重要である。ただし、「日蓮=上行菩薩」であることを各方面への書状や著作で明らかにしたわけではなく、この「大本尊」にのみ暗示されているものなので、日蓮は上行菩薩たるの意味を理解したのは、身延の草庵を訪れて「大本尊」を拝し得た弟子・檀越に限られたことだろう。それにしても、他の日蓮遺文を合わせて考えれば、直接的に「日蓮即上行菩薩也」等の記述をなさないところが、「あいまいにして多くの解釈の余地を残す」という「日蓮的表記」ではないかと思うのだ。

 

この曼荼羅について山中喜八氏は

「此の御本尊もまた極めて重要なる御内観を示したまえるもの」

「すなわちその特一無比の御讃文に於て御自身の本地を顕発したまうとともに、本国土妙の代表たる天照・八幡二神の本地をも示されたのであって、かくの如き儀相は他に全く拝することができない。」とし、

山川智応氏は、

「本因妙・本国土妙御顕発の御本尊」

としている。

 

文永1112

「日亨本尊鑑」(P16) 第8 文永十一年十二月御本尊 底本(6)

「日蓮聖人真蹟の世界・上」(P50)

模写本尊

讃文なし

 

文永1248

「日亨本尊鑑」(P20) 第10 文永十二年卯月八日御本尊 底本(29)

真如院日等臨写本・「日蓮聖人真蹟の形態と伝来」 (P6167)

模写本尊

仏滅後二千二百三十余年之間 一閻浮提之内未有大曼陀羅也

 

文永124月 NO20

仏滅後二千二百卅余年之間 一閻浮提之内未有大曼 陀羅也

 

文永124月 NO21

仏滅後二千二百三十余年之間 一閻浮提之内未有大曼陀羅也

 

文永124月 NO22

仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮 提之内未有大曼陀羅也

 

文永124月 NO23

仏滅後二千二百三十余年之間 一閻浮提之内未有大曼陀羅也

 

文永124月 NO24

仏滅後二千二百卅余年之間 一閻浮提之内未有大曼陀羅 也

 

以上のようなものであり、佐渡始顕本尊のごとき讃文、

「此法花経大曼陀羅 仏滅後二千二百二十余年 一閻浮提之内未曾有之 日蓮始図之」

は、文永12年までは全く見られず、相貌が類似の文永116月のNO11曼荼羅には、始顕本尊のような讃文は認められていない。故に「文永1078日にかような長文、かつ特異なる讃文を有する曼荼羅を日蓮が図顕するものだろうか」との指摘がある。

 

(2)  長文の讃文

以下は再掲となるが要約すると、文永11年の725日、13番曼荼羅に初めて、

大覚世尊入滅後二千二百二十余年之間 雖有経文一閻浮提之内未有大曼 陀羅也得意之人察之。甲斐国波木井郷 於山中図之」

と「仏滅後」を「大覚世尊入滅後二千二百二十余年之間」とした長文の讃文が記される。

 

文永1112月の16番・万年救護御本尊では、

「大覚世尊御入滅後 経歴二千二百二十余年 雖月漢 日三ヶ国之 間未有此 大本尊 或知不弘之 或不知之 我慈父 以仏智 隠留之 為末代残之 後五百歳之時 上行菩薩出現於世 始弘宣之。甲斐国波木井郷於 山中図之」と、独特の意を含んでいるであろう讃文が記されている。

 

文永1248日の「日亨本尊鑑」(P20) 第10 文永十二年卯月八日御本尊に至って、

「仏滅後二千二百三十余年之間 一閻浮提之内未有大曼陀羅也」

と後の定形化といえるものが認められており、同月の曼荼羅「御本尊集」NO2024も同様に書かれている。

 

このように見てくると「文永1078日にかような長文の讃文を日蓮が書くであろうか」との指摘が出るのも当然といえる。

 

(3)  「未有」と「未曽有」

また、始顕本尊の「未曽有」については、他の文永期曼荼羅においては「未有」だけであり、建治24月のNO34曼荼羅以降から「未曽有」と変更している。佐渡始顕本尊のみが文永期中ただ一つ、「未曽有」なのである。

 

(4)  「大曼陀羅」と「大漫荼羅」

「大曼陀羅」については、文永11725日のNO13曼荼羅より「大曼陀羅」が始まり、それは建治元年10月のNO26「平時光授与之」曼荼羅を最後としている。建治元年11月のNO27曼荼羅からは「大漫荼羅」となり、「仏滅後二千二百二十余年間 一閻浮提之内 未有大漫荼羅也」と認めている。ここで注目すべきは、建治24NO34曼荼羅から「未曽有」が始まって以降は、共にあるのは「大漫荼羅」なのであり、佐渡始顕本尊の讃文の如き「未曽有」と「大曼陀羅」が共にある讃文は、他に例を見ないということである。

 

(5)  「此法花経大曼陀羅」

日蓮が図顕した文永期の曼荼羅28幅中、讃文のあるものが10幅。2幅は「大覚世尊入滅後」で始まり、5幅は「仏滅後二千二百」で始まる。始顕本尊の如く「此法花経大曼陀羅」で始まるものはない。

 

(6) 「図之」

始顕本尊の讃文・脇書

文永八年太才辛未九月十二日蒙御勘 遠流佐渡国同十年太才癸酉 七月八日図之

此法華経大曼陀羅 仏滅後二千二百二十余年 一閻浮提之内未曾有之 日蓮始図之

「図之」が二つも書かれている曼荼羅は他にはない。

 

以上、(1)(6)の観点が佐渡始顕本尊に対する不審点として挙げられている。

 

前のページ                                  次のページ