安房国清澄寺に関する一考 1・2

                         清澄山より
                         清澄山より

1 清澄寺内の二つの法脈

 

【 諸説概要 】

 

日蓮と同時代の清澄寺の宗旨について大方の論者は「天台宗・台密」としているのだが、窪田哲正氏は「安房清澄山求聞持法行者の系譜 ― 清澄寺宗旨再考 ―」(「日蓮教学とその周辺」1993 立正大学日蓮教学研究所 以下、窪田)において、再考すべきことを論じられている。

 

清澄寺を天台宗・台密と推定した清水龍山氏の「清澄山宗旨考」(双榎[そうか]学報 1904)、山川智応氏の「清澄寺宗旨の変遷とその寺格地位を考ふ」(日蓮聖人研究・第一巻 1929 以下、山川)、高木豊氏の「安房国清澄寺宗派考」(日蓮攷 2008 山喜房仏書林)での考察につき、窪田氏は「これらの諸説はいずれも清澄を天台宗寺院であったとする決定的根拠をもつものではないのではなかろうか」(窪田P315)として各氏の説に対する疑義を列挙。建長6年(1254)9月3日付けの「五輪九字明秘密釈」を書写した肥前公日吽=法鑁に学んだのが、弘安3(1280)5月の納経札にある「院主阿闍梨寂澄」であることを示して、両者は「東密・真言宗の法流を汲む人であったと考えられる」(P321)とし、櫛田良洪氏の「続真言密教成立過程の研究」(1979 山喜房仏書林 以下、「真言密教成立過程の研究」を櫛田、「続真言密教成立過程の研究」を櫛田・続と表記)を引用して「この櫛田氏の研究によって明らかとなったことは、清澄山は東密、特に新義系の僧侶、修行者達の活動の場であったということである」(窪田P322)と解説し、「清澄山内における東密・真言の法脈の厳然たる存在」(窪田P323)があったことを示されている。続いて清澄山における求聞持法行者であり、台東両密諸流の伝持者であった亮守(?~一説1358)の活動と清澄寺主・弘賢について、また「法華本門宗要抄」を考察し、最後に「今の段階での筆者の結論」として、「清澄山は特定の宗派に属さない虚空蔵信仰・求聞持法の霊場であり、台東両系の修学者が混住していた。日蓮と同時代頃よりは大勢として東密・真言色が濃くなっていた」(趣意)とされている。

 

このような窪田氏の指摘は、個人的に究明することなく「清澄寺=台密寺院」との従来説に乗り安住していた私には大いに刺激となったのだが、注意を要するのは、それまであまり認識されていなかった寂澄、法鑁=日吽の事跡をたどり、両者を東密とした上での論の展開となっているのであり、今後、寂澄、法鑁=日吽が東密のみならず、台密の相伝も受けていた文書等が見つかり、それが確定すれば、両者は台東両系の系譜・法脈に連なる人物ということになり、その時には所論の再構築に迫られることになるのではないかということだ。窪田氏が論考で紹介された、台東両系の法脈に連なった亮守のような人物もいる。がしかし、私としては窪田氏が指摘された寂澄、法鑁の事跡とは別角度になるが、日蓮遺文を読み直し再度解釈することによって、結論としては「清澄寺には東密・台密の修学者が共にいたのではないか」と考えるようになった。日蓮遺文によるが故に「解釈論」の域となり、論拠としては弱いものがあるかもしれないが、それでも「東密が清澄寺に存在した」可能性は捨てきれないと考えている。これからも、日蓮と同時代の、清澄寺を解明する手がかりとなる史料(古文書等)が発見されることはあるだろうし、その時は新出の史料も参考にしながら考察を重ねていきたいと思う。

 


【 清澄寺大衆と周辺の人物 】

 

はじめに、日蓮遺文に登場する清澄寺大衆、及びその周辺に位置すると推測される僧の名を確認してみよう。

 

聖密房

「聖密房御書」昭和定本「文永11年」、山上弘道氏「文永67年」56月頃  真蹟曽存

これは大事の法門なり。こくうざう(虚空蔵)菩薩にまいりて、つねによみ奉らせ給ふべし。

日蓮 花押

聖密房遣之(P826)

 

 

◇助阿闍梨

「新尼御前御返事」文永12216日 真蹟断片

日蓮が重恩の人なれば扶けたてまつらんために、此の御本尊をわたし奉るならば、十羅刹定めて偏頗の法師とをぼしめされなん。又経文のごとく不信の人にわたしまいらせずば、日蓮偏頗はなけれども、尼御前我身のとがをばしらせ給はずしてうらみさせ給はんずらん。此由をば委細に助阿闍梨の文にかきて候ぞ。召て尼御前の見参に入れさせ給ふべく候。(P869)

 

 

◇伊勢公、円智房、観智房、浄円房

「清澄寺大衆中」昭和定本「建治2年」、山上弘道氏「文永12年」111日  真蹟曽存

抑そも参詣を企て候ば伊勢公の御房に十住心論・秘蔵宝鑰・二教論等の真言の疏を借用候へ。是の如きは真言師蜂起之故に之を申す。又止観の第一第二御随身候へ。東春・輔正記なんどや候らん。円智房の御弟子に観智房の持ちて候なる宗要集かし(貸)たび候へ。それのみならず、ふみ(文)の候由も人々に申し候し也。早々に返すべきのよし申させ給へ。(P1132)

 

此を申さば必ず日蓮が命と成るべしと存知せしかども、虚空蔵菩薩の御恩をほう()ぜんがために、建長五年三月二十八日、安房国東条郷清澄寺道善の房の持仏堂の南面にして、浄円房と申す者並に少々の大衆にこれを申しはじめて、其の後二十余年が間退転なく申す。 (P1134)

 

 

◇円頓房、西堯房、道義房、実智房、円智房

「種種御振舞御書」建治元年または建治2年  真蹟曽存

皆人をぼするやうは、いかでか弘法・慈覚等をそしる人を用ゆべきと。他人はさてをきぬ。安房国の東西の人人は此の事を信ずべき事なり。眼前の現証あり。いのもりの円頓房・清澄の西堯房・道義房・かたうみの実智房等はたうとかりし僧ぞかし。此等の臨終はいかんがありけんと尋ぬべし。これらはさてをきぬ、円智房は清澄の大堂にして三箇年が間、一字三礼の法華経を我とかきたてまつりて十巻をそらにをぼへ、五十年が間、一日一夜に二部づつよまれしぞかし。かれをば皆人は仏になるべしと云云。日蓮こそ念仏者よりも道義房と円智房とは無間地獄の底にをつべしと申したりしが、此の人々の御臨終はよく候ひけるかいかに。日蓮なくば此の人々をば仏になりぬらんとこそおぼすべけれ。(P983)

 

 

◇明慧房

「光日房御書」建治23月 真蹟断片・真蹟曽存

あはれあはれけさんに入てくわしく申し候はばや。又、これよりそれへわたり候三位房・佐渡公等に、たびごとにこのふみ(文)をよませてきこしめすべし。又、この御文をば明慧房にあづけ(預)させ給ふべし。なにとなく我が智慧はたらぬ者が、或はをこつき、或は此の文をさいかく(才覚)としてそしり候なり。或はよも此の御房は、弘法大師にはまさらじ、よも慈覚大師にはこへ(超)じなんど、人くらべをし候ぞ。かく申す人をばものしらぬ者とをぼすべし。(P1161)

 

 

◇道善房、円智房、実城房、浄顕房、義浄房

「報恩抄」建治2721日  真蹟

故道善房はいたう弟子なれば、日蓮をばにくしとはをぼせざりけるらめども、きわめて臆病なりし上、清澄をはな()れじと執せし人なり。地頭景信がをそ()ろしといゐ、提婆・瞿伽利(くぎゃり)にことならぬ円智・実城が上と下とに居てをど()せしを、あながち(強)にをそれて、いとをしとをもうとし(年)ごろの弟子等をだにも、す()てられし人なれば後生はいかんがと疑う。但一の冥加には景信と円智・実城とがさき()にゆ()きしこそ、一のたす()かりとはをも()へども、彼等は法華経の十羅刹のせ()めをかほりてはやく失(うせ)ぬ。後にすこし信ぜられてありしは、いさかひ()の後のちぎりきなり。ひる()のともしび(燈)なにかせん。(1239)

 

建治二年太歳丙子七月二十一日 記之

甲州波木井の郷蓑歩の嶽より安房の国東條の郡清澄山浄顕房義城房の本へ奉送す(P1250)

 

 

明心房、円智房

「四信五品抄」建治3410日  真蹟

明心と円智とは現に白癩を得、道阿弥は無眼の者と成りぬ。国中の疾病は頭破七分也。罰を以て得を推するに、我が門人等は福過十号疑ひ無き者也。(P1299)

 

 

日蓮の遺文には、師僧である道善房、兄弟子の浄顕房、義浄房をはじめ円智房、実城房、聖密房、伊勢公、観智房、浄円房、円頓房、西堯房、道義房、実智房、助阿闍梨、明慧房、明心房らの名が記されている。彼らを山川説、窪田説に基づいて天台・台密的な房号と真言・東密的な房号に分類すれば、山川氏のいう「真言宗よりも、天台宗に親しみ多い房号」(山川P86)円頓房、実智房、観智房、実成房、円智房、浄円房、明慧房、明心房となり、窪田氏のいう「房名については考え方によれば、それらには『智』の字のついたものが多いともいえる。この点を山川氏流にいえば、かえって東密・真言宗的であるともいえる」(窪田P319)房名が円智房、観智房、実智房らであり、聖密房も東密的である。他には「五輪九字明秘密釈」を書写した肥前公日吽=法鑁と、納経札に名のある寂澄もおり、窪田氏は両者を東密の法脈と推定されている。

 



2 台密の法脈は

 

窪田氏は論考で法鑁と寂澄、更に亮守の事跡を追い、「清澄山内における東密・真言の法脈の厳然たる存在」(窪田P323)を指摘した。論考中で紹介された文書、事跡によれば、「東密・真言の法脈の存在」は確定したものといえるのではないか。対して天台・台密の法脈が存在していたかどうかについては、例えば○師から△師への「台密相伝」を窺わせるような文書等、客観的に理解可能な明確なる文書は、私なりに探してはいるのだが現在までのところまだ見つかっていない。ここでは日蓮が残してくれた記述から遡って考えてみよう。結論から言えば、清澄寺に天台・台密の法脈が伝わっていたことが認識されると思う。

 

・日蓮は建長5(1253)の「法門申しはじめ」以降、鎌倉における天台信仰圏のつながりの中にあった(正嘉3年・正元元年[1259]717日「武蔵殿御消息」定P87 真蹟曽存)

 

・「天台沙門」と名乗り、「勘文」としての「立正安国論」を最明寺入道時頼に進呈している(文応元年[1260]716日「立正安国論」定P209 日興本)

 

・文応年間(12601261)「天台沙門」と称した(「三部経肝心要文」日蓮聖人真蹟集成 第6)

 

・文永3年に「根本大師門人」(「法華題目抄」定P391 真蹟断片)と称している。

 

・文永9(1272)の「祈祷抄」(真蹟曽存)には「御房は山僧の御弟子とうけ給わる。父の罪は子にかかり、師の罪は弟子にかかるとうけ給わる。叡山の僧徒の薗城山門の堂塔・仏像・経巻数千万をやきはらはせ給うが、ことにおそろしく、世間の人人もさわぎうとみあへるはいかに。」(P680)とあり、意訳すれば「御房(日蓮)は比叡山で学問をされたと聞くが、父の罪は子にかかり、師の罪は弟子にかかるという言葉がある。比叡山の僧兵が園城寺の山門の堂塔、仏像・経巻等数千万を焼き払ったのはことに恐ろしいことで、世の人々は比叡山の僧らを非難するようになったことをどのように考えているのか。」と読むが、日蓮は質問者に自身の事を比叡山延暦寺で修学した者、即ち天台僧として尋ねさせている。

 

・佐渡期に「三国四師」(文永10[1273]511日「顕仏未来記」定P743 真蹟曽存)と、自らを釈迦、智顗、最澄に連なる法華経伝道の導師と位置付けた。

 

・文永年間(12641275)、鎌倉で「天台大師講」を行い、建治期(12751278)・弘安期(1278)に身延山でも行われている。

 

以上の記述により日蓮が「天台・台密の法脈」の中にあったことは確実で、それは彼の青年期における修学で決定づけられたものだとしても、このことは少年日蓮が学んだ清澄寺に天台・台密の法脈が存在していたことを示すものとしてよいのではないだろうか。即ち、日蓮壮年期の「天台沙門」「根本大師門人」との名乗りと、日蓮の人脈=彼からつながり拡大した法華勧奨のネットワークが、日蓮の出家得度した清澄寺内での法脈を語るもの、と考えるのである。このような清澄寺における天台・台密の法脈の存在は、直ちに清澄寺の宗旨を特定するものではないが、日蓮から遡って考えれば、彼の師僧である道善房、法兄の浄顕房、義浄房は天台・台密系であったとしてもよいと思う。

 

17(嘉禎4年・暦仁元年[1238])の青年日蓮=是生房は、「清澄山道善房」で天台宗第5代・円珍に仮託された「授決円多羅義集唐決」(P2875)を書写している。

 

「授決円多羅義集唐決・奥書

嘉禎四年 太歳戊戌 十一月十四

阿房国東北御庄清澄山 道善房

東面執筆是聖房 生年十七才

後見人々是無誹謗

 

道善の房に天台の重書・秘書があったこと、それを17歳の青年僧が書写していることは、道善房と周囲の法脈を考える上で参考になるのではないか。もちろん、日蓮が東密の法脈に連なっていた、即ち台東両系の相承を受けていたとしてもおかしくはなく、現在のところそのような文書は見当たらないが、清澄寺時代、鎌倉や地方での修学時代等、いずこかで東密の相承を受けていたことも考えられる。また「自大日如来至日蓮廿三代嫡々相承」とした「不動・愛染感見記」が、現時点では東密・台密いずれのものとも判明していない以上、こちらの角度からも東密の相承を受けた可能性は残されているといえると思う。

 



前のページ                                  次のページ