鎌倉と安房国、清澄寺と虚空蔵信仰 1

1 鎌倉幕府と安房国

                         館山市 洲崎灯台より
                         館山市 洲崎灯台より

古来より房総と相模を結ぶ水運、往来は活発だったようだが、特に源頼朝の時代以来、その関係は深まっている。治承4(1180)、伊豆国で挙兵した頼朝とその軍勢は、817日に伊豆国目代・山木兼隆を討ち取るも、同月23日、石橋山の戦いで大庭景親らの平家軍に敗れてしまう。頼朝は僅かな従者と共に山中より海路、安房国へと逃れる。829日、安房国猟島(鋸南町竜島)に上陸した頼朝は、安房国在住の源家譜代の家人・安西氏、丸氏に応援を頼み、房総の武将・上総広常と千葉常胤も頼朝に参じて合流。常胤は一族300騎を、広常は一千騎~二万騎の軍勢を率いたといわれ、上総、下総の平氏側勢力と戦い破り、上総氏と千葉氏はその後の鎌倉幕府創業に多大な貢献をするのである。

 

「吾妻鏡」治承四年(1180)九月五日(甲寅)の項によると、源頼朝は須崎神社(社伝では日本の初代天皇・神武天皇の代に創建と伝える)に神田を寄進している。

洲崎明神に御参有り。宝前に丹祈を凝らし給う。召し遣わす所の健士、悉く帰往せしめば、功田を寄せ神威を賁り奉るべき由、御願書を奉らると。

 

                         千葉県館山市・洲崎神社
                         千葉県館山市・洲崎神社

源氏三代が滅亡した後、北条氏は建暦3(1213)5月の「和田合戦(和田義盛の乱)(和田一族滅亡)、宝治元年(1247)6月の「宝治合戦(三浦氏の乱)(三浦一族滅亡)などで相模国、武蔵国の有力御家人を滅ぼし、おさえていくのだが、ここでもその支援をしたのが房総の御家人であり、千葉氏の軍事力だった。

 

このように源氏、北条氏による鎌倉幕府を支えたのが房総地方であり、特に北条氏は、政治的、経済的基盤を固める後背地として、房総の武将とその地を最大限に利用し、また多くの所領を集積していく。その端的な例が北条(金沢)実時(元仁元年・1224~建治2年・1276)で、北総、東京湾岸地域に所領を拡大している。

 

                       北条実時像・称名寺(横浜市金沢区)
                       北条実時像・称名寺(横浜市金沢区)

建暦3(1213)5月、和田義盛が滅びた後、六浦荘を支配したのが北条(金沢)実時だった。仁治2(1241)、鎌倉と六浦荘(横浜市金沢区)を結ぶ六浦道が開かれ、以来、六浦荘の六浦港が鎌倉の外港となり、対岸の房総とを結ぶ東京湾海上交通の要衝として発展していく。

 

「吾妻鏡」

仁治元年(1240)1130日 己未 天晴

鎌倉と六浦津との中間、始めて道路に当てらるべきの由議定有り。今日縄を曳き丈尺を打ち、御家人等に配分せらる。明春三月以後造るべきの由仰せ付けらると。前の武州その所処を監臨し給う。中野左衛門の尉時景これを奉行す。泰貞朝臣日次を擇び申すと。

 

仁治2(1241)4月5日 癸亥 霽

六浦道造り始めらる。これ急速の沙汰有るべきの由、去年の冬評議を経らると雖も、新路を始めらるること、大犯土たるの間、明春三月以後造らるべきの旨重ねて治定すと。仍って今日前の武州その所に監臨せしめ給うの間、諸人群集し、各々土石を運ぶと。

 

同年5月14日 辛丑

六浦路造るの事、この間頗る懈緩す。今日前の武州監臨し給う。御乗馬を以て土石を運ばしめ給う。仍って観る者奔営せざると云うこと莫しと。

 

宝治元年(1247)6月の「宝治合戦」で三浦氏が滅びて以降、実時の所領は下総国を中心として拡大。文永4(1267)、実時は極楽寺・忍性(良観)の推薦により、下野薬師寺の僧・妙性房審海を開山に招いて、荘内金沢郷に称名寺(横浜市金沢区)を創建する。この称名寺も房総に荘園を有しており、実時・称名寺への房総からの年貢・租税等は東京湾をわたり、六浦港へと届けられたことだろう。

 

                      北条実時開基の称名寺(横浜市金沢区)
                      北条実時開基の称名寺(横浜市金沢区)

称名寺への寄進地を列挙してみよう。

(12回日蓮教学研究発表大会での中尾堯氏の論考「中世における中山法華経寺教団の形成」~武州六浦上行寺の成立をめぐって~より。同氏は舟越康寿氏の論考「金沢称名寺寺領の研究」[横浜市立大学紀要20]を参照されている)

 

・初期寄進地

下総下河辺荘下方寺領村々

称名寺敷地

 

・北条(金沢)貞顕(弘安元年・1278~元弘3年・正慶2年・1333)時代の寄進地

信濃国大田庄大倉郷

下総国埴生庄内山口郷及び南栖立村

常陸国北部

下総国東庄内上代郷

上総国周東郡内諸村

因幡国千土師郷

加賀国軽海郡

下総国下方内毛呂郷

上総国土宇郷

天竜川、高野川両橋遠江国天竜川

大石禾観音堂田

 

・金沢氏滅亡前後の寄進地

下総国下河辺庄赤岩郷

信濃国大田郷内石村郷

武蔵国六浦庄内富田郷

 

称名寺や、鎌倉の鶴岡八幡宮寺、極楽寺、浄光明寺、円覚寺等、幕府に近い有力寺社が房総に有する寺社領からの年貢、公事はその寺社の経営にあてられるだけではなく、都市・鎌倉の経済を活性化し、潤わしていく。房総と鎌倉のつながりが深まることは、同時に交通事情の発達、充実をもたらし、東京湾の海路は経済活動の動脈となり、行きかう船は年貢・公事をはじめ、文化人、宗教者、技術者らを運ぶのである。特に宗教面では清澄寺に見られるように、地方の一寺院でありながら京都などからの経典類が届けられ、学問は進展し、山林修行などは活発になり、諸国回遊の僧・聖の往来は房総各地の宗教地図を塗り替えていくようになる。

 

                           洲崎灯台より
                           洲崎灯台より

中世、房総・安房国と鎌倉の政治、経済、文化、宗教の緊密なる結びつきについて興味をひかれるのが、現在でも房総・安房国と鎌倉の関係を物語るものが各地に少なからず残っていることだ。ここで、当時を語るものを順に訪ねてみよう。そこに、東京湾の往復を重ねたであろう、日蓮の姿を幾分でも想像してみながら。

 

前のページ                                    次のページ