1228年・安貞2年 戊子(つちのえね) 7歳

後堀河天皇

北条泰時

115

空阿 寂74(法然上人行状画図)

 

423

興福寺衆徒多武峯堂舎・僧房等を焼く(吾妻鏡・興福寺別当次第・一代要記・百錬抄)

 

5

延暦寺衆徒 興福寺大衆と争う(百錬抄)

 

6

延暦寺衆徒 多武峯焼亡の事を訴える(百錬抄・一代要記)

 

6

醍醐寺衆徒 勧修寺坊舎を毀損(百錬抄)

 

8

南都衆徒 和平す(百錬抄)

 

8

道尊寂(東大寺別当次第・東寺長者補任)

 

1128

六波羅 高野山僧徒の帯仗を禁ず(高野山文書・高野春秋)

 

1224

九条道家 関白に任ぜられる(関東評定伝)

 

1227年・嘉禄3年・安貞元年                                   1229年・安貞3年・寛喜元年