1232年・寛喜4年(4月2日改元)・貞永元年 壬辰(みずのえたつ) 11歳

後堀河天皇

四条天皇(在位1232年10月4日~1242年[仁治3年]1月9日)

北条泰時

119

華厳宗・明恵高弁寂60(元亨釈書・明恵上人伝記・定真備忘録)

 

47

幕府 新補地頭の所務につき7条を制定(吾妻鏡)

 

710

幕府の評定衆11人 連署起請文を提出(吾妻鏡)

 

712

幕府 住阿弥陀仏の鎌倉和賀江島築港を援助する(吾妻鏡)

 

89

往阿弥陀仏 鎌倉和賀江島に築港

 

810

北条泰時 御成敗式目51(貞永式目・幕府の新しい基本法典)を制定し公布

吾妻鏡

「十日 御臺所御願堂舎、建立日時、被定之。又武州令造給、御成敗式目、被終篇。五十箇條也。今日以後訴論是非、固守此法、可被裁許之由被定〈云云〉。是則可比淡海公律令歟。彼者海内龜鏡、是者關東鴻寶也。〈元正 天皇御宇、養老二年戊午。淡海公、令擇律令給〈云云〉。〉」

 

御台所御願の堂舎建立の日時これを定めらる。また武州造らしめ給う御成敗式目その篇を終えらる。五十箇條なり。今日以後訴論の是非は、固くこの法を守り、裁許せらるべきの由定めらると。これ則ち淡海公の律令に比ぶべきか。彼は海内の亀鏡、これは関東の鴻宝なり。元正天皇の御宇養老二年戊午、淡海公律令を撰ばしめ給うと。

 

8

尊性 天台座主に重補(天台座主記・一代要記)

 

94

彗星出現

吾妻鏡

「閏94日 辛亥 霽

寅の刻彗星乙方に見ゆ。庚方を指し、長二尺・広八寸・色白赤。この変白気・白虹・彗星未だこれを決せず。本星分明ならざるに依ってなり。和以降本星無き彗星出現の例、度々に及ぶと」

 

「閏98日 乙卯

この両三日或いは陰或いは雨降る。今暁適々青天を見る。彗星猶出現す。光芒気を増す。長二丈・広一尺余、同方を指す。逆行一許丈、南行四尺、東山を去ること五尺ばかりなり」

 

「閏99日 丙辰 晴

天変日来の如し。色白く光長し」

 

「閏910日 丁巳 霽

変気の御祈りを始行せらると。

修法

八字文殊(信乃法印)雑掌(和泉の守)

一字金輪(松殿法印)雑掌(出羽の前司)

尊星王(宰相法印) 雑掌(佐原五郎左衛門の尉)

北斗(松殿法印)  雑掌(城の太郎)

薬師(丹後僧都)  雑掌(駿河入道)

愛染王(加賀律師) 雑掌(土屋左衛門入道)

御当年

一壇(助法印)   雑掌(陸奥の五郎)

一壇(越後法橋)  雑掌(隠岐入道)

鶴岡宮

仁王会御神楽(政所沙汰と)

御祭

三万六千神(晴賢) 雑掌(武州)

天地災変(親職)  雑掌(相州)

属星(晴幸)    雑掌(宇都宮修理の亮)

天冑地府(宣賢)  雑掌(大和左衛門の尉)

泰山府君(経昌)  雑掌(足立の三郎)

七瀬御祭(晴茂・重宗・晴秀・清貞・泰宗・道氏・文親)」

 

「閏915日 壬戌 晴

彗星微薄芒気見えず。遂に以て軸星無し。行度有りて数日出現すること先例無し。希代の変災たるの由、天文道等これを申す」

 

「閏920日 丁卯 晴

変災の御祈りに依って鶴岡に於いて臨時の神楽有り。将軍家御参宮。相州・武州・石山侍従(教定)・陸奥式部大夫・民部少輔・周防の前司・左近大夫将監(佐房)・駿河の前司・上野の介・和泉の守・駿河判官・土屋左衛門の尉・嶋津三郎左衛門の尉以下供奉す」

 

「閏926日 癸酉 晴

今日御台所の御祈り等これを行わる。また鶴岡宮寺に於いて、百口の僧を屈し仁王会

を行わる。云うにこれ彗星の御祈りなり。」

 

102

藤原定家 「新勅撰和歌集」を奏進する

 

112

幕府 六波羅に成敗法16条を下す(吾妻鏡)

 

この年

親鸞 関東を発し京都に向う(真宗高田派正統記・門跡伝)

 

1231年・寛喜3                                          1233年・貞永2年・天福元年