1248年・宝治2年 戊申(つちのえさる) 27歳

後深草天皇

北条時頼

3

行遍 東寺長者に補任される(東寺長者補任・仁和寺諸師年譜)

 

429

幕府 鎌倉における商人の員数を定む(吾妻鏡)

 

518

安達兼盛卒(吾妻鏡)

 

520

幕府 雑人訴訟などのことを制定(吾妻鏡)

 

8

武士を派遣して南都大衆の争闘を制する(百錬抄)

 

1223

幕府 百姓と地頭との訴訟法を制定(吾妻鏡)

 

12

実賢 東寺長者に補任される(東寺長者補任)

 

12

実信 興福寺別当に補任される(興福寺別当次第・興福寺寺務次第)

 

この年

日蓮 高野・三井等に遊学、また法印真広を介して東寺・仁和寺に遊学と伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・富士年表)

 

日蓮 藤原為家に歌道および書道を学ぶと伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・富士年表)

 

1247年・寛元5年・宝治元年                                   1249年・宝治3年・建長元年