1250年・建長2年 庚戌(かのえいぬ) 29歳

後深草天皇

北条時頼

1

公縁 興福寺別当に補任される(興福寺別当次第・興福寺寺務次第)

 

316

幕府 無益の輩の鎌倉追放と農作従事を命ず(吾妻鏡)

 

420

幕府 庶民の帯刀を禁ず(吾妻鏡)

 

429

幕府 雑人訴訟の直訴を禁じ、地頭・地主の推挙を必要とする(吾妻鏡)

 

この年

実信 5度興福寺別当に補任される(興福寺別当次第・興福寺寺務次第)

 

波多野義重 大蔵経を越前国永平寺へ寄進(道元録)

 

日蓮 浄本を介して摂津国天王寺に遊学と伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・富士年表)

 

日持 駿河国松野に誕生と伝う()

*「白蓮弟子分与申御筆御本尊目録事」(日興上人全集P122)永仁六年(1298)戊戌(つちのえいぬ) 日興記之

一、松野甲斐公日持者、日興最初弟子也。而経年序後給阿闍梨号被召具六人之内、蓮華阿闍梨是也。聖人御滅後背白蓮五人一同天台門徒也となのれり。

1249年・宝治3年・建長元年                                          1251年・建長3