1258年・正嘉2年 戊午(つちのえうま) 37歳

後深草天皇

北条長時

117

鎌倉・安達泰盛邸より出火 寿福寺、若宮宝蔵、同別当坊等焼失

吾妻鏡

「丑尅、秋田城介泰盛、甘縄宅失火。南風頻扇、越藥師堂後山。到壽福寺惣門佛殿庫裏方丈已下、郭内不殘一宇、餘炎新清水寺窟堂、并其邊民屋、若宮寶藏、同別當坊等燒火。」

丑の刻秋田城の介泰盛の甘縄の宅失火。南風頻りに扇き、薬師堂の後山を越え寿福寺に到り、惣門・仏殿・庫裏・方丈已下郭内一宇も残らず。余炎新清水寺窟堂並びにその辺の民屋・若宮宝蔵・同別当坊等焼失。

 

214

書を著す

「一代聖教大意(一代大意)(1-10P57、校1-12P79、全P390、新P83)

日目本25(1紙両面書写)完・千葉県安房郡鋸南町吉浜 保田妙本寺蔵

日朝本 平13

録内13-1 遺4-25 縮175

*平成校定「一代聖教大意(一代大意抄)

 

此の経は相伝に有らざれば知り難し

問ふ、諸経の如きは或は菩薩の為、或は人天の為、或は声聞縁覚の為、機に随って法門もかわり益もかわる。此の経は何なる人の為ぞや。答ふ、此の経は相伝に有らざれば知り難し。悪人善人・有智無智・有戒無戒・男子女人、四趣八部、総じて十界の衆生の為なり。所謂悪人は提婆達多・妙荘厳王(みょうしょうごんのう)・阿闍世王、善人は韋提希(いだいけ)等の人天の人。有智は舎利弗、無智は須利槃特(すりはんどく)。有戒は声聞・菩薩、無戒は竜・畜なり。女人は竜女なり。総じて十界の衆生、円の一法を覚るなり。此の事を知らざる学者、法華経は我等凡夫の為には有らずと申す、仏意恐れ有り。

此の経に云はく「一切の菩薩の阿耨多羅三藐三菩提は皆此の経に属せり」文。此の文の菩薩とは、九界の衆生、善人悪人女人男子、三蔵教の声聞・縁覚・菩薩、通教の三乗、別教の菩薩、爾前の円教の菩薩、皆此の経の力に有らざれば仏に成るまじと申す文なり。

 

214

日蓮父 妙日寂と伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・大石寺大過去帳)

 

2

日蓮 駿河国岩本実相寺に大蔵経を閲す、その間に日興帰依と伝う

*「富士門家中見聞上(家中抄)・日興」

1662年・寛文2(日蓮滅後381)1218日 大石寺17世日精著 (富要5148)

正嘉元年丁巳二月廿三日の大地震に付いて日蓮聖人岩本実相寺の経蔵に入り給ふ、爾の時大衆の請により御説法あり大衆聴聞して難遭の想ひ渇仰の心日々新なり、是の時大衆の中より甲斐公、承教随喜して弟子となり給ふ

 

⇒しかしながら、日蓮遺文には「岩本実相寺入蔵」の記述は見当たらず。「法華本門宗要抄・下」(3続編44P2150、校3真偽未決書14P2886三宝寺本 真蹟なし 受7-15 縮二続106系年・弘安57)に初めて「日蓮見此事容駿河國岩本経蔵引諸経論勘之看之指掌知之懸鏡覩之如是災難此等義也」と日蓮の岩本入蔵を記すも、同書自体が日蓮滅後、7080年後の書と推測されており、第一次資料とはならない。

 

日蓮の遺文中、「一切経」を勘えた記述には以下のようなものがある。

「安国論御勘由来」文永545日 真蹟

日蓮世間の体を見て粗一切経を勘ふるに、御祈請験無く還りて凶悪を増長するの由、道理文証之を得了んぬ。終に止むこと無く勘文一通を造り作し其の名を立正安国論と号す。文応元年庚申七月十六日辰時、屋戸野入道に付し故最明寺入道殿に奏進し了んぬ。此偏に国土の恩を報ぜんが為なり。

 

強仁状御返事」建治元年12月 真蹟

仍って予正嘉・文永二箇年の大地震・大長星に驚きて一切経を開き見るに、此の国の中に前代未起の二難有るべし。所謂自他返逼の両難なり。是併ら真言・禅門・念仏・持斎等、権小の邪法を以て法華真実の正法を滅失するが故に招き出だす所の大災なり。

 

このように「粗一切経を勘ふるに」「一切経を開き見るに」であり、現存遺文では日蓮は「どこで一切経を勘えたのか」については不明ではないか。地震を受けて一切経の閲覧というよりも、既に比叡山等での修学期に一切経を学んでいるであろうから、地震の被災体験を契機に、再度、諸経の要文を確認したということではないだろうか。

ともかく、「正嘉2年日興帰依」は確実性がなく、日蓮と日興の邂逅は別の時であろうということになる。

 

⇒日蓮と駿河国の関係として特筆されるのは、駿河国富士郡上方の荘上野郷の地頭・南条兵衛七郎(南条七郎次郎時光の父)の入信であり、兵衛七郎の鎌倉在勤時、日蓮に帰依したと推測されている。日蓮が1264年・文永元年の12月に、兵衛七郎に送った「南条兵衛七郎殿御書」(文永元年1213日 真蹟)の冒頭には「御所労の由承り候はまことにてや候らん。世間の定めなき事は病なき人も留まりがたき事に候へば、まして病あらん人は申すにおよばず。但心あらん人は後世をこそ思ひさだむべきにて候へ。又後世を思ひ定めん事は私にはかなひがたく候。一切衆生の本師にてまします釈尊の教こそ本にはなり候べけれ」と慰労されており、七郎は病気療養のため上野に在住していることが窺われる。

 

更に文中では「一家の人々念仏者にてましましげに候ひしかば、さだめて念仏をぞすゝめむと給ひ候らん。。我が信じたる事なればそれも道理にては候へども、悪魔の法然が一類にたぼらかされたる人々なりとおぼして、大信心を起こし御用ひあるべからず。大悪魔は貴き僧となり、父母兄弟等につきて人の後世をばさうるなり。いかに申すとも、法華経をすてよとたばかりげに候はんをば御用ひあるべからず候。まづ御きゃうざくあるべし。」と、念仏者であった兵衛七郎が周囲の反対などにより、執着が捨てきれずに退転してしまうことを誡めており、兵衛七郎の入信が浅いことがうかがわれる。

 

その後、兵衛七郎は文永23年頃に亡くなった模様。

南条七郎次郎時光の弟・南条七郎五郎が16歳という若さで永眠(1280年・弘安395)して四十九日となり、時光の母尼に送った書「上野殿母尼御前御返事」(同年1024日 真蹟)にはそれをうかがわせる一説がある。

 

故上野殿には盛んなりし時をく()れてなげき浅からざりしに、此の子をはら()みていまださん()なかりしかば、火にも入り水にも入らんと思ひしに、此の子すでに平安なりしかば、誰にあつらへて身をもな()ぐべきと思ひて、此に心をなぐさめて此の十四五年はすぎぬ。いかにいかにとすべき。二人のを()のこ()ゞにこそにな()われめと、たのもしく思ひ候ひつるに、今年九月五日、月を雲にかくされ、花を風にふかせて、ゆめかゆめならざるか、あわれひさ()しきゆめ()かなとなげ()きを()り候へば、うつゝ()にに()て、すでに四十九日は()せすぎぬ。

 

文中、父の逝去より「此の十四五年はすぎぬ」と記していて、兵衛七郎の逝去は1280年・弘安3から十四五年前、1265年・文永2年または1266年・文永3年と推測される。(日蓮宗年表・富士年表は文永2年としている)

 

ほどなくして、日蓮は故人を悼み鎌倉より上野郷へ墓参している。

定「上野殿御返事」(1274年・文永11年 真蹟 校「南条後家尼御前御返事」[上野殿御返事][ 鵞目十連書]全「上野殿御返事」[亡父追善御書])

こうへのどの(故上野殿)だにもを()はせしかば、つね()に申しうけ給はりなんとなげ()きをもひ候つるに、をんかたみ(御遺愛)に御みをわか()くしてとゞめをかれけるか。すがた(姿)のたが()わせ給はぬに、御心さえに()られける事いうばかりなし。法華経にて仏にならせ給ひて候とうけ給はりて、御はか()にまいりて候ひしなり。

 

1275年・文永121月に南条七郎次郎時光に送った「春之祝御書」真蹟

春のいわ()いわすでに事ふ()り候ひぬ。さては故なんでうどの(南条殿)はひさしき事には候はざりしかども、よろづ事にふれて、なつかしき心ありしかば、をろ()かならずをもひしに、よわ()ひ盛んなりしにはか()なかりし事、わかれかな()しかりしかば、わざとかまくら(鎌倉)よりうちくだかり、御はか()をば見候ひぬ。

 

この往還の際、一切経を蔵していたとされる岩本実相寺に足を停めることは容易に想像されるところであり、ほど近い蒲原庄の天台寺院・四十九院と日蓮になんらかの接点があり、その際に日興は日蓮の弟子となったのであろうか。故に日興の入弟は「文永23年頃」との推測も成り立つと思う。

 

尚、上記「家中抄」の記述より100年前、1560年・永禄3(日蓮滅後279) 117日に京都要法寺・日辰によって著された「祖師伝」(富要519)は以下の記述となっており、「日蓮、岩本入蔵時の日興帰依」は、中世以降の伝承であると考えられる。

 

駿州富士山重須本門寺釈の日興伝

釈の日興俗姓は由比、岩本実相寺の住持伯耆の阿闍梨と名くるなり、後に日蓮聖人の弟子と成り改ためて日興と号するなり、岩本の実相寺とは四十九院の中の一院なり、日興は彼の寺の住持にして社家の供僧なり、岩本とは冨士山の南を下り其の坂路より南方に当るなり

 

417

延暦寺衆徒 園城寺の戒壇勅許に怒り強訴

吾妻鏡・百錬抄

417日 丙申

今暁卯の刻、天台衆徒日吉神輿三基(八王子・十禅師・客人)を舁き奉る。これ園城寺申す戒壇の事宣下せらるべきが故と」

 

51

朝廷 園城寺戒壇の宣下を停止

51日 庚戌

日吉神輿三基本社に御帰座。戒壇の事宣下せらるべからざるの由、再三仰せ下さるるの間これを入れ奉る」

 

71

美作房日保 上総国興津に誕生と伝う(上総興津妙覚寺系譜・本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・富士年表)

 

81

大風雨 諸国田園損亡

諸国の稼穀損亡

◇「安国論御勘由来」文永545日 真蹟 延山録外

同二年戊午(つちのえうま)八月一日大風

 

吾妻鏡

「暴風烈吹、甚雨如渡。昏黒天顔快晴諸國田園、悉以損亡〈云云〉。」

暴風烈しく吹き、甚雨沃すが如し。昏黒天顔快晴 諸国の田園悉く以て損亡す。

 

神明鏡[神武天皇(伝説的な初代天皇)から後花園天皇(1419年・応永26年~1471年・文明3)までの史書、作者不明]

「八月一日大風、二日大洪水。天下大飢饉、人民死亡しをはんぬ」

 

921

幕府 諸国の守護に悪党蜂起の警固を命ず(吾妻鏡)

 

9

観勇等、戒壇建立を幕府に訴える(三井寺続灯記)

 

10

円実 興福寺別当に重補される(興福寺別当次第・興福寺寺務次第) 

 

この年

和泉公日法下野国小山に誕生と伝う

*「家中抄」(富要5243)

日法伝

釈の日法、俗姓は下野国小山の住人佐野の嫡子なり

⇒日蓮弟子・中老僧の一人とされる。後に天台僧・空存を教化して日春とし、日春旧住の天台宗寺院を改めて岡宮・光長寺とし、日法はその開山となる。

日法は日蓮の法門聞書「連々御聞書」「御法門御聞書」(日宗全191)等を記す。

 

【 系年、正嘉2年と推定される書 】

書を著す

◎「一念三千理事」(1-11P75、校1-13P99、全P406、新P100)

日朝本 平12 真蹟なし

録内36-1 遺4-41 縮197

 

書を著す

◎「総在一念抄」(1-12P80、校1-16P115、新P111)

満上134 宝4 真蹟なし

録外17-17 遺4-56 縮212

 

*出離の人

問うて云はく、一文不通(いちもんふつう)の愚人南無妙法蓮華経と唱へては何の益か有らんや。

答ふ、文盲にして一字を覚悟せざる人も信を致して唱へたてまつれば、身口意の三業の中には先ず口()業の功徳を成就せり。若し功徳成就すれば仏の種子むね()の中に収めて必ず出離(しゅつり)の人と成るなり。此の経の諸経に超過する事は誹謗すら尚逆縁と説く不軽軽毀(きょうき)の衆是なり。何に況んや信心を致す順縁の人をや。故に伝教大師云はく「信謗彼此決定(けつじょう)成仏」等云云。

 

書を著すと伝う

◎「十如是事」(3続編13P2030、校1-14P104、新P104)

鎌倉

駿河下条妙蓮寺本、日朝本 満下327 宝20 真蹟なし

録内28-1 遺4-45 縮202

*平成校定「十如是事(法華経肝心抄)

 

如説修行の人

妙法蓮華経の体(たい)のいみじくおはしますは、何様(いかよう)なる体にておはしますぞと尋ね出だしてみれば、我が心性の八葉(はちよう)の白蓮華にてありける事なり。

されば我が身の体性を妙法蓮華経とは申しける事なれば、経の名にてはあらずして、はや我が身の体にてありけると知りぬれば、我が身頓(やが)て法華経にて、法華経は我が身の体をよび顕はし給ひける仏の御言(みことば)にてこそありければ、やがて我が身三身即一の本覚の如来にてあるものなり。

かく覚りぬれば無始より已来、今まで思ひならはしゝひが思ひの妄想は、昨日の夢を思ひやるが如く、あとかたもなく成りぬる事なり。

是を信じて一遍も南無妙法蓮華経と申せば、法華経を覚りて如法(にょほう)に一部をよみ奉るにてあるなり。十遍は十部、百遍は百部、千遍は千部を如法によみ奉るにてあるべきなり。かく信ずるを如説修行の人とは申すなり。

 

書を著すと伝う

◎「一念三千法門」(3続編14P2033、校1-15P107、新P106)

鎌倉

満下155 宝4 真蹟なし

録外17-25 遺4-49 縮205

 

*本覚の仏

我が身即報身如来~

我が身即応身如来~

我が身即法身如来~

此の三を法(ほっ)・報(ぽう)・応(おう)の三身とも、空・仮・中の三諦とも、法身・般若・解脱の三徳とも申す。

此の三身如来全く外になし。我が身即三徳究竟(くきょう)の体にて三身即一身の本覚の仏なり。是をしるを如来とも聖人とも悟りとも云ふ。知らざるを凡夫とも衆生とも迷ひとも申す。

 

*十界の衆生各互ひに十界を具足す、合すれば百界なり。百界に各々十如を具すれば千如なり。此の千如是に衆生世間・国土世間・五陰(おん)世間を具すれば三千なり。

 

1257年・康元2年・正嘉元年                                                                              1259年・正嘉3年・正元元年