1263年・弘長3年 癸亥(みずのとい) 42歳

亀山天皇

北条長時

222

日蓮 伊豆流罪赦免となり鎌倉へ

◇「報恩抄」建治2721日 真蹟

又同じき弘長三年癸亥二月二十二日にゆ()りぬ。

 

4

高麗 日本人による沿岸侵略の禁止を要請す(東国通鑑)

 

68

新田妙法尼 日目父五郎重綱に「譲状」を与う(富要8-19)

 

713

熱海小沢・大乗寺2代 金剛阿闍梨行満日行 寂(墓銘)

 

813

朝廷 新制41ヵ条を宣下〔弘長の新制〕

 

814

諸国 大風雨

吾妻鏡

「自朝、天陰雨降。雷鳴數聲、則南風烈、雨脚彌甚。午尅、大風抜樹。民屋大略、無全所。御所西侍顛倒、棟梁桁等、吹祓之。亦由比濱著岸舩、數十艘、破損漂没。」

朝より天陰雨降る。雷鳴数声

則ち南風烈しく、雨脚いよいよ甚だし。午の刻大風樹を抜き屋を発す。大略全き所無し。御所の西侍顛倒す。梁棟桁等これを吹き抜く。また由比浜着岸の船数十艘破損・漂没す。

 

8

延暦寺衆徒 日吉社神輿を横川中堂に振う

続史愚抄

「大風屋を発す。諸国稼を傷む。八幡山木二千余株及び高良社の樹倒る。圧死者二人。

因って明日の放生会延引す。山門横川の僧徒訴えに依り、日吉聖眞子神輿を中堂に上ぐ。横川初例なり」

 

8

最仁 天台座主に補任される(天台座主記・続史愚抄)

 

910

幕府 切銭を禁ず(吾妻鏡)

 

1122

北条時頼法名道崇 最明寺にて卒37(吾妻鏡・元亨釈書・一代要記)

 

1210

幕府 時頼逝去による御家人の出家を禁ず(吾妻鏡)

 

この年

日目祖父 新田重房寂と伝う(継命版日目上人)

 

曾谷教信の父・道頂 卒と伝う(P945・寺院系譜)

 

【 系年、弘長3年と推定される書 】

書を著す

◎「持妙法華問答抄」(1-33P274、校1-35P311、全P461、新P293)

鎌倉

日朝本 平28 真蹟なし

録内21-1 遺8-7 縮465

*昭和定本「伝日持代作允可」

*平成校定「持妙法華問答抄(持法華問答抄)

 

1262年・弘長2                                                                                             1264年・弘長4年・文永元年