1265年・文永2年 乙丑(きのとうし) 44歳

亀山天皇

北条政村

211

筑前国筥崎八幡宮焼亡

 

35

幕府 鎌倉の町屋地を七所と定め散居を禁ず(吾妻鏡)

 

38

南条時光父・南条兵衛七郎法号行増 寂と伝う(日蓮宗年表・富士年表・大石寺過去帳)

 

3

澄覚 天台座主に補任される(天台座主記・一代要記・続史愚抄)

 

413

朝廷 延暦寺衆徒の武装や博打などを禁ず

 

6

鎌倉 大雨(一般年表)

 

711

書を南条時光母尼に報ず

「上野殿後家尼御返事」(1-39P328、校1-44P371、全P1504、新P336)

南条時光母尼

日朝本 満上371 宝13 真蹟なし

録外2-32 受6-24 遺16-23 縮1049

*全集「上野殿後家尼御返事(地獄即寂光御書)

< 系年 >

昭和定本「文永2711()或は文永11()

平成校定「文永2711日」

全集「文永11711日」

 

*日蓮は、亡き夫・南条兵衛七郎の勧めにより法華経を受持した夫人を「法華経の行者」と呼ぶ。

今度のちぎりこそまことのちぎりのをとこよ。そのゆへは、をとこのすゝめによりて法華経の行者とならせ給へば仏とをがませ給ふべし。いきてをはしき時は生の仏、今は死の仏、生死ともに仏なり。即身成仏と申す大事の法門これなり。

法華経第四に云はく「若し能く持つこと有らば即ち仏身を持つなり」云云。

 

*亡き兵衛七郎を「此の経の行者」と。

故聖霊(しょうりょう)は此の経の行者なれば即身成仏疑ひなし。さのみなげき給ふべからず。又なげき給ふべきが凡夫のことわりなり。ただし聖人の上にもこれあるなり。釈迦仏御入滅のとき、諸大弟子等のさとりのなげき、凡夫のふ()るま()ひを示し給ふか。いかにもいかにも追善供養を心のをよぶほどはげみ給ふべし。

 

秘蔵の法門

古徳のことばにも、心地を九識にもち、修行をば六識にせよとをし()へ給ふ。ことわりにもや候らん。此の文には日蓮が秘蔵の法門か()きて候ぞ。秘しさせ給へ、秘しさせ給へ。

 

この年

日蓮 南条兵衛七郎の墓参のため駿河国上野に向かう(もしくは翌文永3年か)

日興もその時に弟子となるか

◇「上野殿御返事」文永11年 真蹟

こうへのどの(故上野殿)だにもを()はせしかば、つね()に申しうけ給はりなんとなげ()きをもひ候つるに、をんかたみ(御遺愛)に御みをわか()くしてとゞめをかれけるか。すがた(姿)のたが()わせ給はぬに、御心さえに()られける事いうばかりなし。法華経にて仏にならせ給ひて候とうけ給はりて、御はか()にまいりて候ひしなり。

⇒「春之祝御書」(文永121月 真蹟)にも墓参の記述あり

 

南条七郎五郎生る

上野殿母尼御前御返事」弘安31024日 真蹟

故上野殿には盛んなりし時をく()れてなげき浅からざりしに、此の子をはら()みていまださん()なかりしかば、火にも入り水にも入らんと思ひしに、此の子すでに平安なりしかば、誰にあつらへて身をもな()ぐべきと思ひて、此に心をなぐさめて此の十四五年はすぎぬ。

 

玉野大夫阿闍梨日尊 陸前玉野に誕生と伝う

*「家中抄」(富要5226)

日尊伝

釈の日尊、父は奥州玉野(玉野は地名なり此地を領する故に玉野と号するなり)、誕生は文永二乙丑年、幼少にして天台宗と為る

 

日向 改衣と伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表)

 

上総興津 佐久間重貞弟・竹寿麻呂[寂日房日家]、同長男・長寿麻呂[美作房日保] 得度と伝う(本化別頭仏祖統記・日蓮宗年表・富士年表)

 

宋僧・兀庵(ごったん)普寧 宋に帰国

 

【 系年、文永2年と推定される書 】

書を著す

◎「女人成仏抄」(1-40P332、校1-46P382、全P470、新P344)

日朝本 真蹟なし

録外25-9 受4-17 遺9-13 縮529

 

書を著す

◎「薬王品得意抄」(14-41P337P3007、校1-47P387、全P1499、新347)

真蹟第1紙、第5~第10紙の計7紙・千葉県安房郡鋸南町吉浜 保田妙本寺蔵

234紙欠、第13紙以下欠

1110行・某氏蔵(平成校定は「東京都 加瀬家」)

12紙初7行・長崎県大村市古町 本経寺蔵

12紙後半8行・埼玉県戸田市新曽 妙顕寺蔵

録内33-8 遺9-17 縮534

*平成校定「日時本 大石寺蔵」

 

書を著す

◎「女人往生抄」(1-42P343、校1-45P375、新P339)

日朝本 平13 大野本・山梨県南巨摩郡身延町大野 本遠寺蔵 真蹟なし

録内19-9(祈祷抄奥合置) 遺2-20 縮47

< 系年 >

昭和定本「文永25月或は建長5(縮、鈴)

 

書を著す

◎「聖愚問答抄・上下」(1-43P350、校1-66P434、全P474、新P381)

延山本 宝1 真蹟なし

録外1-1 受1-10 遺9-24 縮541

< 系年 >

昭和定本・全集「文永2年」

平成校定「文永5年」

 

五逆、十悪

其の時愚人の云はく、実に小を恥ぢて大を慕ひ、浅きを去()てゝ深きに就くは仏教の理のみに非ず、世間にも是(これ)法なり。我早く彼の宗にうつらんと思ふ。委細に彼の旨を語り給へ。彼の仏の悲願の中に五逆・十悪をも簡(えら)ばずと云へる五逆とは何等ぞや、十悪とは如何。

智人の云はく、五逆とは父を殺し、母を殺し、阿羅漢を殺し、仏身の血を出だし、和合僧を破す、是を五逆と云ふなり。十悪とは身に三、口に四、意に三なり。身に三とは殺・盗・婬、口に四とは妄語・綺語(きご)・悪口・両舌、意に三とは貪(とん)・瞋(じん)・癡()、是を十悪と云ふなり。

 

*五義

抑仏法を弘通し群生(ぐんじょう)を利益せんには、先づ教・機・時・国・教法流布の前後を弁ふべきものなり。

 

1264年・弘長4年・文永元年                                                                                           1266年・文永3