1266年・文永3年 丙寅(ひのえとら) 45歳

亀山天皇

北条政村

16

書を著す

「法華題目抄」(14-44P391P3008、校1-48P394、全P940、新P353)

清澄寺

・真蹟断片20紙・茨城県常陸太田市新宿町 久昌寺(きゅうしょうじ)12箇所蔵

日朝本 平27

録内11-1 遺10-1 縮583

< 断片所在 >

151行・茨城県常陸太田市新宿町 久昌寺

402行・石川県金沢市東山 真成寺

71行、111行、3字、2字、1769行、71行・静岡県沼津市下河原 妙覚寺

2039行・神奈川県鎌倉市 水野家

713行・静岡県田方郡韮山町 江川家

673行・京都府 一道院

28013行・京都府京都市山科区御陵大岩 本圀寺

955行・東京都港区 自得庵

382行・京都府京都市左京区東大路二条下ル北門前町 妙伝寺

249115行・山梨県南巨摩郡身延町身延 身延山久遠寺曽存(遠・奠・亨録)

151行・千葉県松戸市平賀 本土寺

845行・京都府京都市上京区寺町通今出川上ル二丁目鶴山町 本満寺

252115行、372行、563行・京都府京都市上京区新町通鞍馬口下ル下清蔵口町 妙覚寺

161行・滋賀県近江八幡市(おうみはちまんし)宮内町 瑞龍寺

181行・静岡県富士郡芝川町大鹿窪 三沢寺曽存(対照記110)

*平成校定「日目本完・宮城県栗原市一迫柳ノ目字高畑 妙教寺蔵」

坂井法曄氏の論考「日興写本をめぐる諸問題について」(興風21P229)によれば、妙教寺蔵写本は本文筆跡の人物特定はできないが、表紙の「法花題目抄 日目」は「日目の筆」であり、同本は「日目の所持本であった」とする。

*昭和定本「法華題目抄」

平成校定「法華題目抄(法華経題目抄)

全集「法華経題目抄」

*本文冒頭「根本大師門人 日蓮 撰」

 

*広略要

問うて云はく、題目計りを唱ふる証文これありや。

答へて云はく、妙法華経の第八に云はく「法華の名を受持せん者、福量(はか)るべからず」と。正法華経に云はく「若し此の経を聞きて名号を宣持せば、徳量るべからず」と。

添品(てんぽん)法華経に云はく「法華の名を受持せん者、福量るべからず」等云云。

此等の文は題目計りを唱ふる福計るべからずとみへぬ。一部八巻二十八品を受持読誦し、随喜護持等するは広なり。方便品寿量品等を受持し乃至護持するは略なり。但(ただ)一四句偈()乃至題目計りを唱へとなうる者を護持するは要なり。広略要の中には題目は要の内なり。

 

111

書を秋元殿に報ず

「秋元殿御返事」(1-45P405、校1-43P369、全P1070、新P334)

安房 保田・秋元殿

5 真蹟なし

録外25-27 遺11-8 縮667

*平成校定「秋元殿御返事(五節供事)

全集「秋元殿御返事(五節供御書)

< 系年 >

昭和定本「文永3111日或は文永8()

平成校定「文永2111日」

全集「文永8111日 」

 

2

伊東八郎左衛門尉祐光卒と伝う(日向国・伊東系図)

 

36

幕府 引付衆を廃して問注所に命じ評定衆をして聴訴せしむ(関東評定伝)

 

5

隆澄 東寺長者に補任される(東寺長者補任・仁和寺諸院家記・続史愚抄)

 

6

頼円 興福寺別当に補任される(興福寺別当次第・興福寺寺務次第)

 

6

西国大風雨 比叡山文殊楼総持院等倒れる(一代要記・続史愚抄)

 

74

北条時宗 将軍宗尊親王を廃す(吾妻鏡)

 

720

「吾妻鏡」記述終る

 

724

惟康王 征夷大将軍に任ぜられる(続史愚抄)

 

811

千日尼父寂

◇「千日尼御前御返事」 弘安元年728日 真蹟

其の上御消息に云はく、尼が父の十三年は来たる八月十一日

 

12

道融 東寺長者に補任される(東寺長者補任・続史愚抄・仁和寺諸院家記)

 

【 系年、文永3年と推定される書 】

書を著す

◎「善無畏抄」(14-46P408P3009P3037、校1-97P562、全P1232、新P505)

< 真蹟断片7紙 >

1行・大阪府泉佐野市市場西 妙光寺蔵

514行・京都府京都市上京区寺之内通新町西入ル妙顕寺前町 妙顕寺蔵

(前に「力五百の・・・」とのもう1行があり5行となる。寺尾英智氏「日蓮聖人真蹟の形態と伝来」P216)

655行・京都府京都市上京区寺町通今出川上ル二丁目鶴山町 本満寺蔵

12行・東京都大田区池上 池上本門寺蔵(一部欠損)

4行・新潟県佐渡市松ヶ崎 本行寺蔵(一部欠損)

181115行・神奈川県鎌倉市小町 本覚寺蔵

484行・福井県敦賀市元町 本妙寺蔵

*「断片として伝わる『善無畏抄』の真蹟は、草案あるいは手控え等の写しである可能性が高い」(寺尾英智氏「日蓮聖人真蹟の形態と伝来」P227)

※日興全文写本・京都府京都市山科区御陵大岩 本圀寺蔵

坂井法曄氏の論考「日興写本をめぐる諸問題について」(興風21P240)

日朝本 満下12 平29

録内30-1 遺20-9 縮1342

*本満寺本「善無畏抄=吉蔵大師御書」

< 系年 >

昭和定本「文永3()或は建治元年()

平成校定「文永8年」

全集「建治元年」

 

滅し難き者は法華経謗法の罪

但滅し難き者は法華経謗法の罪なり。譬へば三千大千世界の草木を薪と為すとも、須弥山(しゅみせん)は一分も損じ難し。縦令(たとい)七つの日出でて百千日照らすとも、大海の中をばかわ()かしがたし。設ひ八万聖教を読み大地微塵の塔婆を立て、大小乗の戒行を尽くし、十方世界の衆生を一字の如くに為すとも、法華経謗法の罪はきゆべからず。我等過去現在未来の三世の間に仏に成らずして六道の苦を受くるは偏に法華経誹謗の罪なるべし。

女人と生まれて百悪身に備ふるも、根本此の経誹謗の罪より起これり。

然者(されば)此の経に値ひ奉らむ女人は皮をはいで紙と為し、血を切りてすみ()とし、骨を折りて筆とし、血のなんだ()を硯の水としてか()きたてまつ()るともあく()()あるべからず。何に况んや衣服・金銀・牛馬・田畠等の布施を以て供養せむはもの()のかず()にてかずならず。

 

書を著すと伝う

◎「法華大綱抄」(3続編21P2049、校3真偽未決書7P2817)

真蹟なし

録外22-2 縮続52

 

書を著す

◎「昭和定本・断簡200=平成校定・念仏者臨終現悪相御書」

(4断簡200P29251-49P409、新P362)

真蹟第218行・東京都大田区池上 池上本門寺蔵

1紙欠

*平成校定「念仏者臨終現悪相御書」

< 系年 >

昭和定本「文永初」

平成校定「文永3年」

⇒念仏破折関連断簡

定・断簡「50515253575892120163200はこの年の記述か

 

1265年・文永2                                                                                                           1267年・文永4