(16)  「曾谷入道殿御書」

文永11(1274)1120日の「曾谷入道殿御書」(真蹟断簡)

(同年5月に身延入山。105日には蒙古が襲来している)

 

自界叛逆の難、他方侵逼の難すで()にあ()ひ候ひ了んぬ。これをもってをもうに「多く他方の怨賊有って国内を侵掠(しんりょう)し人民諸の苦悩を受く。土地に所楽の処有ること無けん」と申す経文に合ひぬと覚え候。当時壱岐・対馬の土民の如くに成り候はんずるなり。是偏(ひとえ)に仏法の邪見なるによる。仏法の邪見と申すは真言宗と法華宗との違目なり。禅宗と念仏宗とを責め候ひしは此の事を申し顕はさん料なり。

漢土には善無畏・金剛智・不空三蔵の誑惑の心、天台法華宗を真言の大日経に盗み入れて、還って法華経の肝心と天台大師の徳とを隠せし故に漢土滅するなり。日本国は慈覚大師が大日経・金剛頂経・蘇悉地経を鎮護国家の三部と取って、伝教大師の鎮護国家を破せしより、叡山に悪義出来して終に王法尽きにき。此の悪義鎌倉に下って又日本国を亡ぼすべし。弘法大師の邪義は中々顕然なれば、人もたぼらかされぬ者もあり。慈覚大師の法華経・大日経等の理同事勝の釈は智人既に許しぬ。愚者争(いか)でか信ぜざるべき。慈覚大師は法華経と大日経との勝劣を祈請せしに、箭()を以て日を射ると見しは此の事なるべし。是は慈覚大師の心中に修羅の入りて法華経の大日輪を射るにあらずや。此の法門は当世叡山其の外日本国の人用ふべきや。若し此の事、実事ならば日蓮豈須弥山を投ぐる者にあらずや。我が弟子は用ふべきや如何。最後なれば申すなり。恨み給ふべからず。(P838)

 

自界叛逆の難、他国侵逼の難は仏法の邪見によるものであり、それは真言宗と法華宗との違目、即ち「理同事勝」を立て法華経を下す真言の悪法が原因であり、これまで念仏、禅を批判してきたのは、今この時、東密、台密を破する為であったと記す。そして、中国における亡国の現実を示し、日本では慈覚大師円仁が大日経・金剛頂経・蘇悉地経を鎮護国家の三部として比叡山を密教化し、国家の危機に対処しうる鎮護国家の法力を破壊してしまった、終には日本国を滅ぼすであろうと批判している。

 

前のページ                                  次のページ